HOME > 会則

会則

(名称)
第1条 本会は、「千年の会」と称する。

(目的)
第2条 全国の古木・名木を抱える地域の共有や連携を図り、それらの保護保存運動を通して
    環境問題について一緒に考え、保全運動を醸成することを目的とする。
    本会は目的を達成するため、次に掲げる活動を行う。
    (1)環境の保全を図る活動
    (2)まちづくりの推進を図る活動
    (3)社会教育の推進を図る活動
    (4)子どもの健全育成を図る活動
    (5)経済活動の活性化を図る活動
    (6)前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

(事業)
第3条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
    (1)年一回の総会とシンポジウムの開催
    (2)活動報告のホームページ開設と運営
    (3)全国ネットワークの構築
    (4)サポーター会の設立
    (5)古木・名木の保護保全活動を通じて環境問題を考える機会の普及
    (6)その他、本会が環境保全に必要と認める事業

(組織)
第4条 本会は古木・名木を会員とし、その所在する自治体等の代表を代理人とする。
    併せて、本会の主旨に賛同し承認された団体や個人を以て構成する。

(役員)
第5条 本会には次の役員を置き総会を構成するが、会長及び副会長については会員樹木の代理人が
    その任に就く。また、役員及び事務局にて役員会を構成し、事業運営計画等について協議の
    うえ決定し、総会に報告する。
    ■会 長 1 名  ■副会長 若干名  ■代表幹事 若干名
    ■幹 事 若干名  ■監 事 2 名  ■事務局 事務局長以下数名

(会議)
第6条 総会は会長が招集しその議長を務める。
    総会は年一回の開催とし開催場所は役員会で決定する。
    役員会は事務計画・予算策定の他、必要な事項を協議する。

(事務局)
第7条 第7条 本会は主たる事務所を郡山市に置く。

(運営費)
第8条 本会の運営に係わる経費については、会費をもってあてるが、別途必要な経費が生ずる場合は、
    役員会で協議し定める。

(補足)
第9条 この要綱に定める他、本会の運営に関して必要な事項は役員会で協議し定める。