HOME > 屋久島 縄文杉

雄大なる神々しいまでの杉の王者
屋久島 縄文杉
(ヤクシマ ジョウモンスギ)
推定樹齢 2,600~7,200年

hpjyoumon002.jpg

会長 屋久島 縄文杉

鹿児島県屋久島町

  • 九州の最高峰でもある宮之浦岳を擁し、洋上アルプスとも称される屋久島の上屋久町小杉谷の標高1300メートル地点で、1966年5月、樹高30m、根廻り43mの縄文杉が発見されました。樹齢は推定2600年~7200年。樹齢については諸説が多々ありますが、樹齢7200年という説は時代のロマンを深く感じさせるそんな巨木でもあります。
  • 現在も屋久島で緑の葉を茂らせています。
  • 縄文杉は斜面に立っているため見るものに覆いかぶさってくるような迫力があります。太い幹の表面はいたる所から盛り上がる巨大なこぶでゴツゴツとしていて、幹の太さの割に樹高は低く、ずんぐりとした樹形など、太古より屋久島の厳しい自然の中で生き抜いてきた力強さを感じさせます。

hpjyoumon003.jpg

  • 現在、縄文杉を見るためには、徒歩で往復8~10時間程度かかります。現在は保護のため木の周りには立ち入ることはできず、木の15mほど手前に設けられた高台から望めるようになっています。
  • 縄文杉(じょうもんすぎ)の由来は、1966年、屋久町役場(当時)の観光課長だった岩川貞次氏により発見され、名前をとって大岩杉と呼ばれていましたが、縄文杉の名前の由来は、周辺に生育するスギの大きさから樹齢が約7200年との結果が導き出され、縄文時代から生きていることから来たという説と、当時取材した新聞記者が奔放にうねる幹の造形が縄文土器の火焔土器に似ているということからこの名前を付けたという説があります。
  • 平成17年に積雪の重みにより折れた枝が、「いのちの枝」と名付けられ、現在屋久杉自然館に展示されています。縄文杉の雄大さがここでも感じ取ることができます。
  • 日本のスギの中では最大の幹周りを誇るスギの王者であると共に、日本を代表する巨樹の一本です。

━━━縄文杉

  • 標高、1,300m
  • 樹高、30m
  • 根回り、43m
  • 胸高周囲、16.4m

━━━【名称】

  • 屋久島 縄文杉
  • (ヤクシマ ジョウモンスギ)

━━━【代理人】

  • 荒木 耕治(鹿児島県屋久島町長)

━━━【所在地】

  • 大株歩道

━━━【文化財】

  • 世界自然遺産

━━━【時期】

  • 積雪期(12月、1月、2月)を除く

━━━【アクセス】

  • 片道:約11Km
  • 標高:約600m(荒川登山口)~約1300m(縄文杉)
  • 標高差:約700m
  • 時間:往路 4時間30分(休憩含まず)
  •    休憩+往復で10時間以上
  • *帰りの時間は、トロッコ道の3分の2は歩きやすいこともあり、アクシデント等が無ければ1時間弱は短縮できますが、 長距離を歩く疲労を考えると、余裕を見た方が良いでしょう
  • トロッコ道-→
  • 荒川登山口-→小杉谷休憩所-→楠川分かれ-→三代杉-→大株歩道入口
  •        (50分)      (30分)     (10分)  (70分)
  • 大株歩道-→ここからが山道です!
  • 大株歩道入口-→翁杉-→ウィルソン株-→大王杉-→夫婦杉-→縄文杉
  •         (25分)  (5分)       (45分)   (5分) (30分)

【問い合わせ】
屋久島町役場 ☎0997(43)5900
      FAX0997(43)5905

★詳しくはこちらへどうぞ!