HOME > 東根の大ケヤキ

大きな愛で子供たちの成長を見守り続ける
東根の大ケヤキ
(ヒガシネノオオケヤキ)
推定樹齢 1,500年以上

hpookeyaki004.jpg

東根の大ケヤキ

山形県東根市

  • 東根小学校の校庭にそびえる日本最大といわれる大ケヤキ。
  • 今でこそ東根小学校の校庭に位置していますが、かつては江戸時代初期に東根領主 里見景佐(さとみかげより)が築いた東根城の本丸跡にあたり、東根市内を見下ろすことが出来る小高い丘の上に位置しています。
  • 樹齢1,500年以上であり、大正15年国指定天然記念物指定を受け、さらに昭和32年には他に比類なきケヤキという理由によりケヤキでは唯一の特別天然記念物の指定を受けています。

hpookeyaki003.jpg

  • ここ十数年で、国の天然記念物に指定されていたケヤキの巨樹が、痛みの厳しい状態のものが多くなっている中、子供たちの成長を見守りながら、年輪の厚みを増しているケヤキは本当に貴重なものです。今後、数百年は樹勢ますます盛んであって、全国の「ケヤキ」番付の「東の横綱」の座が保障される程の太鼓判を押されたと聞いています。
  • 近くで見ると次元の違う大きさに圧倒され老樹の力強さに心を打たれます。ここまで強烈なインパクトを与えてくれる巨樹もそうざらにあるものではなく、その幹は東西方向に長く、南北方向に人が通り抜けられるほどの空洞が口を開けており、古くは、乞食が空洞に寝泊まりしていたこともあったといい、焚き火をした痕跡も残っているそうですが樹勢にはほとんど影響はしていないようです。地上5m付近から二本に分かれた幹はその形状から一本の欅ではなく、二本が合体して成長していったものかもしれません。
  • これからも、東根小学校の生徒の皆さんをはじめ地域の皆様の心の支えであり、かつ希望のシンボルであり続けることでしょう。

━━━東根の大ケヤキ

  • 樹高、28m
  • 目通り幹囲、16m
  • 根回り、24m
  • 直径、5m

━━━【名称】

  • 東根の大ケヤキ
  • (ヒガシネノオオケヤキ)

━━━【代理人】

  • 土田 正剛(山形県東根市長)

━━━【所在地】

  • 山形県東根市本丸南1丁目1-1 東根小学校内

━━━【文化財】

  • 国指定特別天然記念物

━━━【時期】

  • 通年

━━━【アクセス】

  • JR山形新幹線さくらんぼ東根駅から山交バス村山駅前行きで6分、
  • 三日町下車、徒歩10分

【問い合わせ】
東根市役所 総務部総合政策課 ☎0237(42)1111

★詳しくはこちらへどうぞ!